マスク

コエンザイムQ10は吸収しにくい?

コエンザイムQ10には、色々な効果が期待できます。
ですが、どんなに身体に良くても吸収できなければ意味がありませんよね。
実はコエンザイムQ10の吸収率はあまりよくありません。
どうしたら効率よく吸収することができるのでしょうか。

コエンザイムQ10の吸収率は5~10%といわれています。
とても少ないですよね。
コエンザイムQ10は脂溶性という、脂に溶けやすい性質を持っています。
水には溶けにくく、一旦脂に溶かさないと吸収しにくくなってしまいます。
このような性質を持っているため、食事と一緒に摂ると吸収しやすくなり、チョコレートなどの脂分の多いものと一緒に摂ればさらに吸収率が上がるとされています。

元々の吸収率が低いため、市販のサプリメントは吸収されやすいように様々な工夫をしています。
コエンザイムQ10には酸化型と還元型という種類があり、酸化型のものは体内で還元型に変換することで利用できるようになります。
酸化型を還元型に変換するためにはエネルギーが必要になるのですが、加齢などにより体内でのコエンザイムQ10の生産力が下がっている人の場合はエネルギーが足りずに利用できないことがあります。
その場合は最初から還元型のコエンザイムQ10が配合されたサプリメントを選ぶ必要があります。
最近では包接型という商品もあり、これはカプセルの内側が脂溶性、外側が水溶性のため吸収率が高いものです。
ですが、中に入っているコエンザイムQ10が酸化型であれば、いくら吸収できても利用できないという人もいます。
思うように効果が出ないという場合は、自分の使っているサプリメントがどのタイプなのかを確認してみましょう。
特に記載がない場合は酸化型だと考えていいと思います。

吸収されにくい物質だからこそ、自分の体質に合った商品を選び飲み方を工夫することが必要です。
購入する時にはよく見て選んで後悔しない環境を作成して、楽しみながら使用する事をお勧めします。