マスク

葉酸配合のコエンザイムQ10

コエンザイムQ10のサプリにも色々な種類があり、他の成分と一緒になっているものも数多くあります。
その中でも葉酸が配合されているサプリにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

葉酸とは主に青い葉野菜に多く含まれているビタミンの一種です。
妊婦さんに必要なビタミンというイメージを持っている方が多いと思います。
実は、妊娠中だけでなく妊娠前にも必要な栄養素なんです。
葉酸はDNAを合成する時に必要になるので、受精卵が細胞分裂していく時期には大量に消費します。
そのため、妊娠中のお母さんは普段の1、5~2倍の葉酸を摂る必要があります。
赤ちゃんの脳や神経は最初の3カ月ほどで作られ、この時期に葉酸が不足していると先天性異常などのリスクが高まります。
ところが、普通妊娠に気付くのは2~3カ月の頃なので、それから葉酸を摂っても間に合わないのです。
妊娠を希望している女性は、普段から葉酸を意識して摂る必要があり、普通の食事では不足しがちなので、サプリなどで摂るのがオススメです。
さらに、妊娠初期にはつわりでさらに栄養を摂るのが厳しくなる人もいますから、サプリの方が利用しやすいですね。

ではなぜコエンザイムQ10と一緒に摂るのがいいのでしょうか。
実は卵子ではたくさんのエネルギーが使われ、その時に活性酸素が発生してしまいます。
活性酸素は細胞を老化させてしまうので、卵子の老化につながってしまいます。
コエンザイムQ10には抗酸化作用があり、活性酸素による細胞の老化を抑える働きがあるので、卵子の質の低下を防ぐことができます。
そのため、妊娠しやすくなり、胎児の異常も少なくできるのです。

赤ちゃんが欲しくて妊活をしている女性にとっては、この2つの成分はとても重要なものです。
摂取量が推奨量を少しくらいオーバーしたところで悪影響が出るというものではないので、普段の食事にも気をつけつつ、上手にサプリを利用していくのがいいでしょう。