マスク

スタミナ持続にコエンザイムQ10

歳を重ねるにつれてだんだんスタミナが衰えていき、前は簡単にできていたことが大変になるというのはとてもつらいですよね。
そんなスタミナ不足にも、コエンザイムQ10が効くというのはご存じでしょうか。

コエンザイムQ10は体内でエネルギーを作るのに欠かせない成分です。
私たちの体内では、食事などから摂った栄養素をミトコンドリアで燃焼させることでエネルギーを生産しています。
その過程でコエンザイムQ10が必要になるのです。
コエンザイムQ10は体内で作ったり食事で摂ることもできますが、意識して摂らなければ不足してしまいがちです。

大量のエネルギーを消費する心臓は、組織内のコエンザイムQ10の濃度が最も高い臓器です。
コエンザイムQ10が不足してしまうとエネルギー不足になり、心臓のポンプ機能が低下してしまいます。
心疾患の方は血中のコエンザイムQ10濃度が低く、治療薬にコエンザイムQ10を加えたところ症状の軽減が見られたとのことですから、その効果は証明済みです。
心肺機能はスタミナにはとても重要な要素ですから、不足しているコエンザイムQ10を補って、スタミナ不足を解消できそうですね。

また、コエンザイムQ10には抗酸化作用があることでも知られています。
そのため筋肉でのエネルギーの産出が促進されるだけでなく、運動で生じた活性酸素が筋肉を傷つけてしまうのを抑えてくれます。
心機能や血流を改善する働きもあるので、酸素が身体のすみずみまで行き渡り有酸素運動を続ける力がアップするとも言われています。
結果として、運動能力の底上げが期待できます。
さらに、運動前に摂取しておけば運動後の疲労感が軽減されるというデータもあるとか。

運動をする人、しない人どちらもコエンザイムQが不足してしまうと身体に悪影響が出てしまいます。
足りない分をうまく補うことで、スタミナアップして元気に過ごしたいですね。